高齢ドライバーによる事故が道路交通法改正で防げるようになるのか

75歳以上の高齢ドライバーが免許証を更新する際に行われる、簡易的な「認知機能検査」に引っかかった場合は、医師の検査を受けなければならない。もし認知症と診断された場合は、免許取り消しの対象となる。

また、75歳以上の高齢ドライバーが信号無視などの違反をした場合にも、臨時で認知機能検査が行われ、やはり同様の流れとなる。

高齢ドライバーの問題を認知症患者に押しつける改正道路交通法|ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

Newsweek 2017年3月21日



日本地域ケア協会

 icon-arrow-circle-up