ただいまプロジェクトとは

1.行方不明者ゼロを目指し地域で支え合う取組み

外出をどう止めるかではなく、住み慣れた地域で外出が続けられるように、当事者・家族・地域の方々・医療職・介護職・警察・行政などが連携して見守り支え合う仕組みです。
登録すると、行方不明情報がメールやアプリで通知されます。
たとえ道に迷ってしまう日があったとしても、地域のつながりや温かい人の力が「ただいま」を実現します。

2.地域の人がつながり支え合う環境を創造

【現在の日本】

核家族が増え、都心では隣近所の名前も顔も知らないことが増えている。
そんな中、少子高齢化が進み、子供や高齢者そして障害者を地域で見守ることの大切さを改めて痛感する現在。

【おたがいさまの社会を目指して】

認知症という社会的な問題を通し、自分以外を気にかけ地域を考える機会にしたい。
40代で認知症を発症するケースも増えています。
想像してください、自分や大切な人が困っていたらどうしますか?
皆さんの少しずつの力が新しい地域のカタチを創造していきます。

【サポーター(ツバメイト)の方々のご協力が地域を支えます】

サポーターの情報協力数に応じて
運営資金の一部を地域の福祉などへ寄付

3.継続的な支援のための強力な専門家のサポート

【強力な専門家のサポート】

医療職・介護職・弁護士などのプロフェッショナルが中心となり作っている仕組です。
【専門家】
医師・看護師・理学療法士・作業療法士・薬剤師・ヘルパー・介護福祉士・弁護士等・・
東京都認知症指導者 島田・熊谷監修

【専門家のサポート内容】

強力な専門家による具体的な対応方法などを情報発信いたします。
ツバメイト(サポーター)は専門知識がなくても気軽に参加できるプロジェクトになっています。

ツバメイト(サポーター)が地域を支える力となります。


日本地域ケア協会

 icon-arrow-circle-up